プロジェクト・農

アクセスカウンタ

zoom RSS シマヘビとカラスヘビ

<<   作成日時 : 2005/05/07 08:13   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 4

画像
 このブログのタイトル、少々ひねりを入れたりして、ひとりで楽しんでるんですが、今回のヤツに関してはネタがすぐに分かるように配慮しておきました。画面を開けた途端に「ぎゃっ!」と悲鳴を上げる人の割合が高いと思われますので・・・。

 しかし、シマヘビの生態を表す写真としては、結構貴重なものが(偶然ですが)撮れたと自画自賛しています。ご興味のある方、若しくは怖いもの(?)見たさの方はごゆるりとご覧になって下さい。

 場所はウチの田んぼの側の山林です。田んぼに日陰を作ってしまっているので、2シーズンかけて少しずつ竹や木を伐採しています。ヘビが乗っかっている切り株は1年前の冬に伐ったものです。

 こいつら、オスとメスです。写真では分かりませんが、ちゃんと交接器官で「繋がって」います。そう、交尾しているんです。邪魔したら悪いので、写真だけ撮らせてもらって(邪魔してるやん!)、早々に退散しました。ホンマは、近辺で開花しているチゴユリの写真を撮りに来たのに・・・。

 この時期はシマヘビの恋の季節なんです。4月30日にも、ウチの田んぼから数キロほど離れた山林で倒木処理のボランティア中、同じく縞模様と黒が交尾しているのを確認しています。
 ところで、ぼちぼちこんな突っ込みが入るのでは・・・?。
「ヘビって交尾相手の種類が違ってもいいのか?」

 どう見ても、この2匹のヘビは別種にしか思えませんが、中身は同じシマヘビなんです。だから、仲睦まじく交尾している訳で・・・。
 黒いのはシマヘビの黒化型変種で、「カラスヘビ」などと呼ばれ、毒蛇だと信じている人もいるようですが、中身はシマヘビそのものですから、もちろん無毒でおとなしいヘビです。
 ウチの田畑がある大阪北部の山地では比較的よく見られます。というか、「本家」の縞模様と5分5分か、場合によっては縞模様よりも高い頻度でこの黒化型が見られるくらいです。
 いろいろ図鑑などで調べてみたんですが、なぜこれほどまでに体色が異なる(それもよりによって、一番自然界で目立つ黒に?)個体が、突然変異としてではなく、かなり高い確率で出現するのかは分かりません。体温調節が要因として絡んでいるんだろう、と指摘する図鑑もあり、それならば、気温の変異の大きい山地や、北海道、屋久島などで多く見られる、という事実も頷けるかも。

 いずれにせよ、こいつらの子供がこの夏にはウチの田畑周辺をうろうろし出す訳ですよね。縞模様と黒の「合いの子」は、どんな体色なのか? 一説には、同じ親が産んだ卵でも、縞模様と黒の両方が孵化することがあるらしい。色そのものが「交じる」訳ではないそうなんです。

 「情事」を見られたにも関わらず、黒の方はその後、僕が田んぼに行く度に姿を現すようになりました。1年以上、「主」が不在だったウチの田んぼの後継になるというのか。前任の「主」も、同じ「カラスヘビ」だったんです。黒の体色は保護色にならず、動けば天敵には丸分かり。行方不明となった前「主」も、天敵の血となり肉となったのは否定できません。
 もっと、賢く。もっと、警戒心を。この後継にはそれを願わずにはいられません。


 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い
かわいい かわいい かわいい
ナイス ナイス
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
黒子やアルビノは見かけると一瞬何者?って思いますよね。その後、種名の判明したときは嬉しくもあり、反面「なんだ」と言う気持ちありで…。
とりちゃん
2005/05/07 12:45
 そう、出合った時にはびっくりしますよね。この「カラスヘビ」には、もう慣れているつもりでも、田んぼの畦なんかで出会うと、「うわっ!」
しかし、それ以上にヤツもびっくりして、慌てて退散している(笑)。やっぱり、黒や白い生き物って目立ちますよね。
しげやん
2005/05/07 23:24
しげやんさん。こんにちわ!
とりチャンの所から、伺いました。
おっかなびっくり、見せていただきました。
なんと言っても、蛇は大嫌い。
画像で見ても、どきどきするんだよね。

我が家も、去年から田圃を借りて、稲を作り始めました。
地主さんの指導の元、楽しくやっていますよ。
畑で野菜も作って居るので、自給率は、かなリ高いです。
及び、野山からの頂き物もフルに利用しています。
うらべに
2005/05/20 09:12
 初めまして! 誰しも嫌いのものはありますよね。嫌いは嫌いで構わないと思いますよ。しかし、どんな生き物も存在理由があるもの。嫌いだからと言う理由だけで踏み潰すなどという発作的な行為だけは慎みたいですね。僕は足の多い生き物、とりわけ、ムカデやゲジゲジがダメです。
 稲作、力仕事が多くて結構大変ですが、やりがいがありますよね。自給率向上目指して、お互いに頑張りましょう。
しげやん
2005/05/21 01:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
シマヘビとカラスヘビ プロジェクト・農/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる